人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ルクエスチームケースで!チキンとかぼちゃのマスタードクリームパスタ

ルクエスチームケースで!チキンとかぼちゃのマスタードクリームパスタ_f0168317_23475666.jpg
今日も肌寒い1日でした。
着実に冬が近づいているんですね。
寒さが苦手なので、真冬に向けて対策を強化しなくてはいけませんっ(>_<)
まずはパソコンコーナーのカーペットを購入したいと思います!

最近のヒナはちょっと変な遊びに凝っています。
先日、私に人形を打ちつけて「若返り~」って叫んだ話しは大受けでしたが・・・
今回は、どうやらCMのマネではないかと?



「体脂肪を燃やせっ!」



そう言いながら、片手を振り上げながら部屋の中を歩き回っていました。
"若返り"とか"体脂肪を燃やせ"とか、お母さん的にはちょっとドキッ
そんな中、いいタイミングで旦那さん帰宅~



「男性用もあるよ!」



帰って早々そんなことを言われても、旦那さん目が点なんですけどねっ(笑)
多分、ガードルかパンツか何かのCMで、こんなフレーズがあったようななかったような・・・?
何が言いたいのか、ここ数日毎日こんなです(^。^;)

さて、今日はお馴染みルクエスチームケースを使ったパスタを1つご紹介します。
夏が旬のかぼちゃですが、包丁を入れなければ長期保存ができるので、冬に栄養を補給する手段として冬至にいただく習慣もあるようです。
冬に食べたくなるクリーム系ソースと合わせ、ほんのりマスタードの風味をプラスしています。

   ❀材料❀
  (レギュラー使用/1人分)
  スパゲティ   80g
  水   200cc
  塩   少々
  オリーブオイル   少々
  鶏もも肉   100g
  かぼちゃ   1/8個(100gくらい)
  玉ねぎ   1/4個
  牛乳   大さじ2
  コンソメ   小さじ1
  バター   10g
  生クリーム   50cc
  粒マスタード   大さじ1
  塩   適量
  あらびきブラックペッパー   適量

①鶏肉は1cm大にカットし、かぼちゃは適当な大きさにして薄くスライスし、玉ねぎはスライスする。
②スチームケースにパスタを半分に折って入れ、水・塩・オリーブオイルを加えて鶏肉・かぼちゃ・玉ねぎをのせ、500wのレンジで5分加熱する。
 ※水分が多く残っているようなら、少し置くかプラス1分程度加熱する。
③全体をよく混ぜ合わせ、牛乳・コンソメ・バターを加え、500wのレンジで更に3分加熱する。
④生クリームとマスタードを混ぜ合わせて加え、塩・ブラックペッパーを振って500wのレンジで2分加熱する。

 ※強いw数で調理すると、ふきこぼれや失敗の原因となります。
 ※レンジによって加熱時間にむらがありますので、ご自身で調整してください。
 ※水滴や蒸気によるやけどには十分ご注意ください。


明日から3日間、ルクエの展示会でデモをさせていただきます。
そのデモ用に作ったレシピです('-^*)/
結構私のツボ的レシピなんですけど・・・どうかな?

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いしま~す!


    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
Commented by petitdevil at 2010-11-10 00:41 x
こんばんは。
名古屋は寒かったのね。こちらは凄く暖かい一日だったよ。
ルクエのデモって、凄いっ!もう立派な料理研究家だねっ☆いろいろご伝授戴きたいわっ。
やっぱり便利そうだし(って、まだ買ってない私)週末に買いにいこうかな。 パスタ、美味しそうね♪ 私、クリーム系が苦手(実はケーキも生クリーム系が得意ではないのよ~(・_・;))なんだけど マスタードの香りで美味しく頂けそうね。ちなみに私も粒派です。
明日からまた寒くなるみたいだから体調に気をつけてイベント頑張ってねっ。
Commented at 2010-11-10 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by handmadecafe0929 at 2010-11-15 23:44
petitdevilっちへ
買おうよ!(笑)
これは生クリームでも分量が少ないし、粒マスタードの風味が効いてていいかも。
試してみてね!
by handmadecafe0929 | 2010-11-09 22:02 | スチームケース・ロースター他 | Comments(3)

名古屋市在住。元料理学校講師。handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。子どものために始めたキャラ弁や、簡単で作りやすいレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)


by ゆき