<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

CBC「ゴゴスマ」出演

f0168317_21523354.jpg
まだまだ寒い日が続いています。
仕事以外、極力外出しないので、当然買い物もあまり行きません。
つまり、冷蔵庫の在庫がどんどんなくなります。

今日はさすがに無理かな・・・と思っても、でも、何とかあるものだけで食べられたぞ!を繰り返している私(=_=)
最新の冷蔵庫は野菜室も進化していて、下処理や冷凍をしなくても、比較的日持ちするのでありがたいです。
ロケで中途半端に食材が残った場合も持ち帰ることが多いので、これも生命線か!?


ちなみに昨日は、CBC(TBS)「ゴゴスマ」のロケでした。
午前中に保育園で発表会があり、この日は午前保育のみ。
おじいちゃんに預けてのお仕事です。
こういう「午後は保育がありませんよ~」とか、「この日は○時までしか保育できませんよ~」的な案内を見逃していて、後で焦ることがあるので要注意です!
f0168317_21524525.jpg
今回は、遼河はるひさんとご一緒させていただきました。
相変わらずスラーーーーーッと背が高くて、スタイルがよくて、キリッとした美人さんでしたよ♪
隣にいる私がちんちくりん(笑)


放送は、3/9(水)13:55~、CBCテレビ(TBS)「ゴゴスマ」です。
「イチオシ!」コーナーで、春にぴったりのレシピをご紹介します。
東海地方・関東地方の皆さま、是非是非ご覧くださいませ。



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-27 22:19 | 仕事 | Comments(0)
f0168317_21592656.jpg
早いもので、もう2月も終わりですね。
ヒナの卒業式まで、あと3週間。
3週間なんて、あっという間じゃないですか!!!
バタバタしているうちに、気づいたら入学式を迎えていそうです(-_-;)


さて、今日は、先日のCBC(TBS)「ゴゴスマ」で登場したさつまいも大福をご紹介します。
「レンジでさつまいもをおいしく食べよう!」という趣旨の企画なので、全てレンジでOK♪

そろそろ残り物感も出てきた切り餅を使って、ちょっとカワイイ大福を作っちゃいましょう。
それにはまず、あんとなるさつまいもを甘くておいしく仕上げるのがポイントです!!!

せっかくなら、焼きいも→大福の流れで、是非是非作ってみてくださいね。
f0168317_22141790.jpg
中には甘いさつまいもがたっぷり♪
お好みであんこをプラスしても、より大福っぽく召し上がっていただけます(^_-)-☆

ちなみにこちら、作ったらできるだけ早く食べてください。
少~しずつですが、お餅がかたくなっていきます。
数時間で食べられなくなるわけではありませんが、その日のうちに食べきれる量を作ってください。
次の日は、さすがにかたいです。
ちなみに、レンチンしても戻りません(-_-;)


 ◆さつまいも大福◆

  (5個分)
  角餅   2個
  牛乳   大さじ2
  砂糖   小さじ2
  片栗粉   適量

  さつまいも   小1本(150gくらい)
  牛乳   大さじ2
  砂糖   大さじ1
  バター   5g

①さつまいもを洗ってキッチンペーパーで包み、ラップをして500wのレンジで2分、100Wのレンジで9分加熱し、熱いうちにつぶす。
 ※100wがない場合は200wで6分。
 ※さつまいもが大きい場合は加熱時間を追加してください。

②①に牛乳・砂糖・バターを加えてよく混ぜ、5等分して丸めておく。

③耐熱容器に餅・牛乳を入れてレンジで約1分40秒加熱し、へらで練り混ぜてなめらかにしたら砂糖を加えて混ぜ、レンジで10秒加熱して更に混ぜる。

④片栗粉を広げたバットに③を広げ、5等分して②をのせて包む。

f0168317_21594671.jpg
コロッケなどを作る場合、500wで一気にレンジ加熱することが多いです。
そもそも丸ごと加熱しませんし・・・

丸ごとレンジで加熱すると、500wで5~8分くらいかな?
これでもまぁ普通においしい(日本語が変ですが)とは思います。
可もなく不可もなく、という感じに。

ただ、焼きいもとして食べるには、ちょっとパサつくんですよね。
しっとり感やねっとり感が足りないんです。
でも、オーブンで焼くのは時間がかかって面倒くさいし、たき火で焼きいもの時代でもないし(笑)


という訳で、最近話題のレンジで最大限おいしい焼きいもを作る方法をご紹介します。
作り方は簡単!
w数をうまく使い分けるんです。

まずは500~600wで1~2分ほど加熱し、さつまいもの中の温度を上げて甘味を引き出します。
ただし、このまま加熱し続けると温度が上がりすぎて水分が抜けてしまうので、途中でw数を落として100~200wで6~9分ほど加熱し、中の温度を保ちつつじっくり加熱していきます。

さつまいものサイズにもよりますが、あまり大きすぎない150g程度のさつまいもなら、だいたい500wで2分、200wで6分(100wなら9分)くらいです。
竹串などで中まで火が通っていることを確認してください。


ちなみに、左が500wで一気に加熱したさつまいも。
右がw数を調節して加熱したさつまいもです。
見た目もかなり違いますよね~

たったこれだけのことで、ほこほこしっとり、ねっとりとしたおいしい焼きいもが食べられますよ♪
短時間で簡単にできるので、お子さんのおやつにもピッタリです(^_-)-☆



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-25 22:32 | その他お菓子・ドリンク | Comments(0)

マカロンを作ろう!

f0168317_20265884.jpg
今週末は、コウの初めての発表会です。
連日の練習練習のうえ、直前になると、いつもより早く登園して予行練習が始まります。
いつもより早く起こしにいくのですが、疲れていてまだ眠たい(-_-)zzz

何度も起こすと仕方なく起きますが、なんとなくボーーーーッとしています。
そして、不満そうな顔で一言・・・

 「コウちゃん、40分しか寝てないんですけど!」

いやいやいや。
間違いなく9時間10時間寝てますけど~~~
40分って、どこら辺から出てきた数字なんでしょう?
彼なりに、眠たさを表現してみたみたいです(´艸`*)


それにしても、ハッと気づけばもう2月も半ばを過ぎ、月日が経つのが早すぎて怖いです。
中学の制服も出来上がり、あとは卒業を待つばかり。
早いなぁ~


さて、すっかり終わってしまいましたが、卒業前にやってきた大イベント(?)バレンタイン♡
今年、ヒナがチョイスしたのはマカロン!
少し前まではカップケーキだったのに、いきなり難易度UPしてますけど(=_=)

大丈夫かな・・・と心配しつつも、本人とってもやる気なので、とりあえずマカロンの準備をする私。
でも、材料がギリギリだったので、失敗は許されません!!!


それにしても、カップケーキの準備をして、混ぜるだけの簡単レシピで試作までした私って・・・
子どもに振り回されてる(笑)
こちらのレシピは、せっかくなのでまた後日紹介したいと思います。
f0168317_21381542.jpg
さてさて、難易度が高いとされるマカロン。
実は、実際の作業時間は短いです。
乾燥させる時間を除けば、結構ささささーーーーーーーーーーーーーーっとできちゃいます。


コツさえつかめば簡単ですが、要所要所にコツがいるので、初めてのヒナは四苦八苦していました(-_-;)
そして、もう作らない宣言まで飛び出す始末です(笑)


でも、初めてなのに大きな失敗もなく、仕上がりは完璧マカロンでした♪
友だちにも「おいしい。」とかなり好感触だったのに、全員に「もう作らないけどね!」と付け加えたそうなので、ちょっと厳しく指導しすぎたかな?


ここで、コツをまとめておきます。
マカロンを作ったことがない方からすると意外なようですが、卵白は、新しいものは避けましょう。

私は、卵黄だけ使うこともあるので、残った卵白を1個分ずつ冷凍しておきます。
使いたいときに冷蔵庫解凍するだけです。

冷凍卵白なんてないよ!って方も多いと思います。
この場合、作る数日前にボウルに割り入れ、そのまま冷蔵庫に放置しておきます。
卵黄は使わないので、別で使っちゃってくださいね。


ドロッとした状態ではなく、サラッとした水っぽい状態の卵白を使います。
しっかりとしたツヤのあるメレンゲを作りましょう。
卵白はもちろん、粉類も冷やしておくといいですよ。


今回、可愛らしいピンクにしています。
ジェル状で使いやすいウィルトンアイシングカラーのクリスマスレッドを使用しました。
もちろん、他の色粉でもOKです。
少量できれいに色づくので、入れすぎには注意してくださいね~



そういえば、某イベントでマカロンの実演をしたことがあり、どうしても新鮮卵を使わざるを得ないことがありました。
見た目普通に仕上がりますが、空洞化しやすかったです。
それはそれでカリカリしておいしかったですけど(笑)

イベント先は、オーブンも初めて使うものですし、乾燥状態も万全とはいえないし、あまりにも条件が悪すぎて、原因は卵白の状態だけとも言えませんが・・・

ちなみに、作り方を見せるのが目的なので試食はなく、焼き上がりもオーブンから出して見せるくらいなので、空洞化しているのは内緒でした(;^ω^)


次に、マカロン作りで最も注意が必要な作業がマカロナージュです。
しっかり泡立てたメレンゲの泡を今度はつぶして、ツヤのあるマカロンに仕上げるための大切な工程です。
この見極めが意外と難しくて、慣れない人はやりすぎることが多いので気を付けてくださいね。


ボウルの側面にすりつけるようにします。
一度すりつけたら、生地をまとめてもう一度すりつけます。
途中生地をたらして、ボテッと落ちるようならマカロナージュ不足なので、もう一度繰り返します。
生地がつながってリボン状に流れ落ちればOKです。
滑らかにサラサラ流れるというより、つながって落ちればOKです。
もう1回した方がいいかな?と迷ったら、慣れないうちはそこで止めておきましょう。
やりすぎて生地がだれるのが一番やっかいです。


あとは、絞り袋に詰めて、お好みの大きさに絞っていきます。
クッキングシートの裏に、焼きたい大きさの円をコンパスで描いておくと、均等に絞る目安になるのでおススメです。
円を描いた面に絞るとマカロンに線がうつってしまうので、裏側に描いてください。


絞るときは、絞り袋を垂直に保ち、絞り袋を動かさずに絞って力を抜いて静かにもち上げます。
やり方は自由なので、自分のやりやすい方法を見つけましょう。
絞ったあと多少広がるので、隣り合ったマカロンがくっついて雪だるまみたいにならないよう、間隔は思ったより広くとってください。


絞ったら、指で触っても生地がくっつかなくなるまで乾燥させます。
室温や季節によってかなり時間に差が出ますが、1~2時間くらいです。
エアコンの風が当たると部分的に乾燥してしまうこともあるので気を付けてくださいね。

同じような環境でも、昨日はすぐ乾いたのに今日は乾かない・・・とかあります。
乾燥させすぎてもひび割れの原因になるので、放置しすぎには要注意ですよ~


焼く時は、途中温度を下げます。
ピエといわれる周りのポコポコした部分が出てきたら、温度を下げます。
2分くらいできれいなピエができるはず!
そのまま設定温度を下げても、庫内の温度がすぐに下がらないため、扉を開けてパタパタと空気を入れ替えてあげると一気に温度が下がります。


さて、今回のマカロン。
アーモンドの風味が比較的強く、甘さはやや控えめにしています。
マカロンの粘りと甘さが苦手な人でも食べやすいと思いますよ(^_-)-☆
私がそんな感じなので。
そもそもメレンゲ菓子が苦手です。
と言いつつ作るのは、子供たちが大好きだから。


マシュマロの方がピンクには合っていますが、ガナッシュもおいしいです♪
ガナッシュはあまり日持ちしないので、お配りにはマシュマロの方が向いているかな。
マカロンって、とにかく日持ちしません。
2~3日くらい?
我が家は自己責任で1週間くらい(笑)

食べ残したものは冷凍しておくと1か月くらい保存できます。
食べたいときに食べたいだけ出して、チビはたまに凍ったまま食べてます。
ラスクのようにサクサクに焼いてしまえば、おやつとして日持ちしますよ。


 ◆マカロン◆

  (直径4cm約20個分)
  卵白   60g(2個分)
  グラニュー糖   50g
  粉糖   60g
  アーモンドパウダー   70g
  食用色素(赤)   適量

  マシュマロ   50g

  【ガナッシュ】
  ブラックチョコレート   110g
  生クリーム   大さじ4
  モーツァルトチョコレートリキュール   大さじ1

①卵白はギリギリまで冷蔵庫で冷やしておく。粉糖・アーモンドパウダーを合わせてザルでふるい、冷蔵庫で冷やしておく。

②卵白をほぐしてグラニュー糖1/2量を加え、やわらかく角がたつまで泡立て、残りのグラニュー糖を加えたらピンとしっかりした角がたつまで泡立て、ツヤのある安定したメレンゲを作る。
 ※色をつける場合は色素を少しずつ加えて色を付ける。
f0168317_22191395.jpg
③②に粉糖・アーモンドパウダーを加えてざっくり切り混ぜる。ゴムベラかカードを使ってボウルに生地をすりつけるようにし、全体を混ぜたら更にすりつける・・・を数回繰り返してメレンゲの泡をつぶす。(マカロナージュ)
 ※持ち上げた生地がリボンのように流れ落ちればOK。
 ※やりすぎるとだれるので、少し足りないくらいで止めておく。
f0168317_22212181.jpg
④丸口金をセットした絞り袋に入れ、オーブンシートを敷いた天板に直径3~4cmの円状になるように絞り出す。
f0168317_22202454.jpg
⑤天板の底を軽くたたいて余分な気泡を抜き、指で触ってもつかなくなるまで1時間程度乾燥させる。
 ※大きな気泡はつまようじでつつく。

⑥オーブンを170℃に予熱し、ピエができるまで2~3分焼いたら、130℃に温度を落として残り17~18分焼く。
 ※130℃にしたら蓋を開け閉めして温度を下げます。
 ※トータルで20分くらい焼きます。

⑦天板のまま冷まし、粗熱が取れたらシートから静かにはがす。
 ※部分的にくっついているので優しく・・・

⑧耐熱ボウルにチョコレートを割り入れ、生クリームを加えてレンジで1分加熱し、リキュールを加えてよく混ぜる。

⑨マカロン10個にマシュマロをのせ、それぞれレンジで10秒弱加熱してマシュマロを溶かし、もう1枚のマカロンをのせて形を整える。
 ※マシュマロは少しプクッと膨らんだらOKです。

⑩残りのマカロン10個に⑧をスプーンなどでのせ、もう1枚のマカロンをのせて形を整える。

f0168317_22215534.jpg
今回、配る友チョコも多いので、1人1個。
見た目ショボくならないように、可愛くラッピングしてみました♪
バッグ風(^_-)-☆

たくさん手にぶら下げて配り歩く姿は、なかなか面白い光景でした(笑)
やっぱりピンクは女の子らしいし、このラッピングのイメージとも合っていて正解だったかな。
f0168317_10433310.jpg
今回、初心者ということで、ヒナにはルクエのマカロンキットを使わせました。
絞り袋&クッキングシートの代わりになる商品です。

マカロンシートは、絞る目安になるし、キレイに同じ大きさ・形に揃うのが最大のメリットです。
クッキングシートに丸を描く手間が省けるのは便利だと思います。
繰り返し洗って使えるのもありがたいです。

ただし、外国サイズで大きいため、国内のオーブンでは合うものはありません。
我が家の一番大きなオーブンでも、端っこがひっかかるのでカットして使っています。

デコマックス(絞るやつ)は、力が入り過ぎないので絞る量を調節しやすく、初心者にはいいかもしれません。
私は最後の生地がどうしても残ってしまうのが気になるので、絞り袋を使います。
こちらが使いやすいかどうかは、その人次第かな~?



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-23 22:18 | クッキー・スコーン・ドーナッツ | Comments(0)
f0168317_12505646.jpg
1か月ぶり?2か月ぶり?
ちょっとお久しぶりのテレビです!!!

毎年、1月と8月は結構暇な私ですが、今年は暇なのに、なぜか依頼がかぶるかぶる!
その前後は空いてるのに、皆さん同じ日にロケとかイベントとか(笑)
何でしょうね、これ。


今回は、ある食材を簡単においしく食べる方法をご紹介しています。
とっても簡単でとってもおいしいので、お楽しみに♪



スラッと背が高くてスタイルのいい村田さん。
最近益々お綺麗になったような気がします。
キラキラ★
おしゃれの話など、毎回カメラが回っていないところで女子トークを楽しんでいる私です。


ギリギリのご案内となりましたが、放送は明日2/23(火)です。
13:55~放送のCBC(TBS)「ゴゴスマ」の「主婦の私が生きる道」というコーナーです。
是非、ご覧下さいませ~~~
f0168317_1251651.jpg
そしてそして、先日発売された「レシピブログの大人気レシピBEST100 最新版」です。
昨年度版に続き、今年も声をかけていただくことができました(笑)
今回は、3レシピをご紹介しています。



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-22 13:12 | 仕事 | Comments(0)
f0168317_2231846.jpg
今日は、風が冷たくて本当に寒かったです。
具を大量に作ってしまったため、餃子の皮が足りなくなり、近所のスーパーに買いに行こうと思ったのですが・・・
やめました('◇')ゞ

具は倍量で作ったのに、なぜか皮は50枚しか買ってきていないという・・・
どう考えても足りてませんね~
何を考えていたんでしょうね~



さて、今日は、しその在庫がたくさんあったので、普通の餃子を半分、しその風味が爽やかなしそ餃子を半分。
25個ずつ作りました。

豚挽き肉が若干脂が多かったのか、フライパンに結構な量の脂がにじみ出ていましたが、食べてみるとそれほど脂っこさはなく、カリカリの皮とジューシーな具がおいしかったです♪

しそを入れる場合、普通の皮だとしそが大きくてはみだしてしまい、とっても包みにくいです。
小さいしそでも出ちゃいます。
できれば大判サイズを使ってくださいね。


 ◆ジューシー餃子&しそ餃子◆

  (約50個分)
  豚挽き肉   300g
  キャベツ   2枚
  塩   小さじ1/4
  A 片栗粉   大さじ1
  A 酒   大さじ1
  A 醤油   大さじ1
  A ごま油   小さじ1
  A おろししょうが   3cm
  A おろしにんにく   3cm
  A こしょう   少々
  餃子の皮(大判)   50枚
  しそ   25枚
  ごま油   適量

①キャベツはみじん切りにし、塩をふってしんなりさせておく。

②ひき肉にAと①を加えて、粘りが出るまでよくこねる。

③餃子の皮にしそを広げて②を適量のせ、皮のまわりに水をつけてひだを作りながら形を整える。

④ごま油を入れて餃子を並べ、水を餃子の高さ1/3くらいまで注ぎ、フタをして強めの中火で蒸し焼きにする。

⑤皮が透明になったらフタを開け、水分を飛ばしながらパリッと焼き色をつける。

f0168317_2233262.jpg



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-17 22:22 | 餃子・春巻・シュウマイ | Comments(0)
f0168317_20362791.jpg
毎年、父の親戚から届く絶品たこ!
生というか、冷凍で届くので、父がまとめて炭酸水で茹でています。
そして、父の取り分より多くGETして帰ってきます。
孫の大好物なので(笑)


まずは、子供たちも大好きなたこ焼きを楽しみましたが、残りは大人のお楽しみ、から揚げに♪
カラリと揚がったたこからは、しょうがの風味もしっかり効いて、本当においしいです。
どんどん食べて、あっという間になくなってしまいました~

いただいてすぐに漬け込み、何だかんだ忙しくしている間に3日ほど放置。
いい具合に味も染みていました。


ポイントは、衣がカリッカリになるまで揚げること!
面倒ですが、ささっと揚げた後、最後に少し温度を上げてあげると、更にカリカリになりますよ。

お好みでレモンを添えて・・・
私は、最初はそのままパクパク、最後にレモンをかけていただきます。


 ◆たこのから揚げ◆

  (2人分)
  茹でたこ   足1本(200g)
  A しょうゆ  小さじ2
  A 酒   小さじ2
  A おろししょうが(チューブ)   3cm
  片栗粉   大さじ2~3

①たこは一口大に切って密閉袋に入れ、Aを加えて冷蔵庫で一晩漬ける。
 ※2~3日漬けておいてOKです。

②軽く汁気をきって片栗粉をまぶし、170℃の油でカラリと揚げる。




●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-12 20:46 | 魚介類 | Comments(0)
f0168317_0245948.jpg
お天気は悪くないのに、風が強いと肌寒さを感じます。
今日も学校に出かけていたのが、帰る頃にはどんどん風が強くなって、大きなバッグが飛ばされそうでした(>_<)


さて、もうすぐバレンタインですね♡
ヒナも、バレンタインの友チョコ交換に向けて、私にバンバン面倒くさいリクエストをしてきます。

「自分1人で作りなさい。」と、毎回言っているのに、難しいお菓子をチョイスするし、数も多いし、最初から自分1人で作ろうという意思が全く感じられないんです(=_=)
簡単なものでいいから、自分1人で作った方がいいと思うんですけどね~



こちらは、バレンタインに限らず人気のレシピで、クックパッドではつくれぽ100!!!
表面はサクサク、中は超しっとり。
とっても口解けのいい、とろけるガトーショコラです。

材料も作り方も比較的単純なので、是非是非お試しくださいね♪
ミニサイズのマフィンカップで作っても可愛いです。
型によって、焼き時間だけは調節してください。

表面がひび割れたり、膨らんだあと沈むのは、失敗ではありません。
心配しないでくださいね。


 ◆ガトーショコラ◆

  (18cm丸型/15cm丸型1台分)
  チョコレート(ブラック) 140g/95g
  無塩バター        100g/65g
  卵黄           3個/2個
  卵白           3個/2個
  グラニュー糖       60g/40g
  薄力粉          50g/35g
  粉糖           適量

①バターを室温に戻して柔らかく戻しておく。底の抜ける型にバター(分量外)を塗る。オーブンを160℃に予熱する。

②ボールにチョコレートを割り入れ、湯せんかレンジで溶かす。
 ※レンジは1分弱で様子を見てください。

③バターをハンドミキサーで白っぽくなるまで撹拌し、粗熱をとった②を加えて混ぜたら、卵黄を1個ずつ加えて更に混ぜる。

④別のボウルに卵白をほぐし、グラニュー糖半量を加えて角が立つまで、残りのグラニュー糖を加えてピンと角が立つまで泡立ててメレンゲを作る。

⑤③にメレンゲ1/3を加えてゴムベラでしっかり混ぜ、白い筋がなくなったら薄力粉をふるって切り混ぜる。

⑥残りのメレンゲを加えて白い筋がある程度なくなるまで切り混ぜたら、型に流して軽く空気抜きし、160℃に予熱したオーブンで約40分焼く。

⑦冷めたら粉糖をふりかける。

f0168317_0355525.jpg

●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-11 00:24 | チョコレートケーキ | Comments(0)
f0168317_1442765.jpg
寒いような、温かくなったような、でもまだ寒いかも・・・
相変わらず、買い物を含め、仕事や役員行事以外、あまり外出をしていません。
朝晩の保育園送迎も、本当は行きたくないっ(>_<)

「あれ買わなくちゃ!」と思っても、銀行に用事があっても、期限ギリギリ追い詰められないと出かけません。
この冬だけで、旦那さんに2回も「トイレットペーパーがないぞ!」と怒られました。
あと1ロールになっても、まだ大丈夫大だろう・・・なんて(笑)
それなのに、たくさん買ってこないんですよね~
反省、反省。


さて、先日、実家からいただいた冷凍の四角いかたまり。
「何だかよく分からないけど、貰った。」ものを、貰ってきました(笑)
カチカチに凍っていますが、すり身っぽい!?

解凍してみると、やっぱりすり身のようです。
でも、何の?
魚種は断定できませんが、すり身です!!!


私も、魚をたくさんいただいてすぐに消費できそうもないと、すり身にして冷凍しておきます。
小骨も丸ごとすり身にして食べることで、カルシウムが効率よく摂れるし、鍋やはんぺんなどすぐに活用できるので便利です。

我が家では、コノシロやイワシ、スズキなどもすり身にします。
手作りのすり身はふわふわしてとってもおいしいので、コウも大好き♪
小骨の多い魚も、すり身にすることで小さな子どもが食べやすくなるのでおススメです。

お好みで、からしやポン酢しょうゆなど添えてもいいですが、我が家は何もつけず、このままいただきます。
十分おいしいです。


 ◆はんぺん◆

  (4人分)
  すり身   300~350g
  玉ねぎ   1/8個
  にんじん   1/4本
  A 片栗粉   大さじ1
  A 卵   1/2個
  A 塩   小さじ1/4
  A しょうゆ   小さじ1/2
  A 砂糖   大さじ1/2
  A おろし生姜(チューブ)   3cmくらい

①すり身にAを加えてよく混ぜる。
 ※すり鉢、フードプロセッサーを使うと簡単に混ざります。
 ※すり身を手作りする場合、おろした魚とAをフードプロセッサーへ。

②玉ねぎは薄くスライス、にんじんは細千切りにし、①に混ぜる。

③8等分して小判型にまとめて形をととのえ、160℃の油で揚げる。

f0168317_1163523.jpg
手作りのはんぺんは、市販品とはまた一味違って、ふわふわジューシー♪
是非、作ってみてくださいね!


愛知県HPでは、「はんぺん」の他にも、愛知県産魚介類を使った100レシピを公開中です。
     ↓  ↓  ↓  ↓
あいちのおさかなコンシェルジュ



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-10 01:46 | 魚介類 | Comments(0)

枝豆入りチーズコロッケ

f0168317_23573616.jpg
今日は、PTAの活動で午後から学校でした。
暖かくなってきたな~、なんて思って、ちょっと軽めのニットを羽織って出かけたところ、帰るころには、すっかり風が冷たくなっていました(;´Д`)
しかも、風をきっちゃう自転車です。
あぁぁぁぁ、油断したわ!!!!!

皆様も、日中のお出かけ=夕方の帰宅の際には、十分お気を付けくださいませ。
そんなこと、言われなくて十分以上にお分かりと思いますが(=_=)



さて、今日は、先日ヒナのお弁当に入れた枝豆入りチーズコロッケのご紹介です。
枝豆がゴロッゴロ入っているのもポイントですが、粉チーズの隠し味が(あまり隠れてませんが・・・)、枝豆とベストマッチでおススメです♪

ヒナもお気に入りで、お弁当に入っているというのに、まだ食べてました(笑)
うちの家族は、好きなものは朝・昼・晩でもいい人たちです(-_-;)

ずーーーーーーっと冷凍庫に入ったまま放置されていた、いただきものの冷凍枝豆の消費に。
枝豆好きには、たまりませんね~

枝豆は丸のまま混ぜてもOKですが、じゃがいもと一緒に潰してもOKです。
全部潰しちゃうより、潰れているものと潰れていないものがある方が私は好きですね。
お好みで!


 ◆枝豆入りチーズコロッケ◆

  (2人分)
  じゃがいも   3個
  A 塩・こしょう   少々
  A 粉チーズ   大さじ3
  A 牛乳   大さじ2
  枝豆   15~20房くらい
  小麦粉   適量
  卵   適量
  パン粉   適量

①じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切り、レンジで5分ほど加熱して潰す。

②①にAを加えてよく混ぜ合わせ、むいた枝豆を加えて更に混ぜる。
 ※枝豆はゆでておくか、冷凍の場合は解凍しておく。
 ※今回、枝豆を一部潰しています。

③形を整えて小麦粉・溶き卵・パン粉の順に塗し、170℃の油できつね色に揚げる。
 ※小さめサイズ10個できました。




●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-05 00:15 | コロッケ・メンチカツ・天ぷら | Comments(0)
f0168317_1959469.jpg
節分ですね!
今日は、小学校でも給食に福豆が出るようです。
保育園では、事前に鬼のお面を作っていたようで、楽しい楽しいイベントもありつつ、おやつに巻き寿司も出たらしい。
子どもたちは、イベント大好きですからね♪


そして、我が家も毎年恒例の恵方巻きをいただきました。
今年は、5本作って5本とも、具材が微妙に違っています。

なぜなら、買ってきた材料がどれも不足していて、3本分しかなかったり、4本分しかなかったり・・・
要は足りないんですね(笑)

私は、大好きなサーモン・アボカド・だし巻き卵・ツナマヨ・かにかまの組み合わせで。
ヒナは、まぐろ・きゅうり・だし巻き卵・ツナマヨ・かにかま。
という具合に、それぞれ家族の好みに合わせてチョイスしています。
全部に入っているのは、卵くらい???

ちなみにコウは、1人だけ、まぐろとサーモン両方入った贅沢バージョン♪
ぺろりと1本平らげてしまいました。
大きくなったね~

南南東らしき方向を向いて、1人だけ静かに続けるヒナ。
彼女だけは、毎年こだわっています。
私たちは、ただ食べるだけですが('◇')ゞ

ちなみに、切ってはいけないと言いつつ、毎年両端を切ってしまう私。
そして、この端っこは、子供たちのおやつとして、すぐになくなってしまいました。


 ◆恵方巻◆

  (5人分)
  ごはん   2合
  A 酢   大さじ4
  A 砂糖   大さじ3
  A 塩   小さじ1

  サーモン刺身   150g
  まぐろ刺身   100g
  きゅうり   1本
  アボカド   1/2個
  かにかま(ロングタイプ)   4本
  焼きのり(全形)   5枚

  ツナ缶   1缶(80g)
  マヨネーズ   適量

  卵   3個
  だし汁   大さじ3
  塩・こしょう   少々
  ごま油   少々

①ごはんにAをよく混ぜ合わせたものを加えて切り混ぜ、酢飯を作る。サーモン・まぐろは棒状に切る。きゅうりは縦4等分に切る。アボカドはくし形に切る。

②卵を溶いてだし汁・塩・こしょうで味を整え、ごま油を熱したエッグパンに少量ずつ流しいれてだし巻き卵を作り、冷めたら棒状に切る。ツナの水気を切り、マヨネーズで和える。

③マキスにのりを乗せ、ごはんを均等に広げる。お好みの具材を並べ、具を押さえながらマキスを押し出すように手前から一気に巻き、形を整える。

f0168317_20335581.jpg
鬼のお面をかぶってやる気満々だったコウですが、いざその時がくると、「鬼はお父さん!」と、鬼役を断固拒否!!!
鬼のお面をお父さんにかぶせようとしますが、コウサイズに作ってあるため、全くかぶれませんけど(=_=)

とりあえず、豆は投げるより食べたいらしく、1~2個投げただけで、パクパク食べ始めてしまいました(´艸`*)
年の数だけでないのは確かですね。
私には1つも回ってきませんし。



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-02-03 20:37 | おにぎり・寿司・丼・お粥 | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開始。現在はレシピ開発、連載、TV出演、イベント講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単レシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき