わらびの下処理とみぞれ和え

f0168317_02003600.jpg

昨日の夜は区の会長会がありました。
お偉いさまがいっぱいいて緊張しますね(笑)

それにしても、やはり女性会長は少ないです。
毎年1人くらいはいる・・・とのことでしたが、やはり会長職は男社会ですね(;^ω^)
私は性格が男だからOK!みたいな(笑)



夕方からの会議なので、家族に晩ごはんを作ってから出かけました。
帰ってくると、コウがせっせと食器を洗ってくれています。
一番小さな子が、一番私の役に立とうと頑張ってくれる姿は嬉しいものです。

しかも、前に包丁や大きなお皿は危ないから触ってはダメ!と伝えてことを学習していて、大皿やディナーナイフはそのままシンクに残っていました。
おぉ、かしこくなってる!!!


それなりに洗えているようには見えましたが、ばれないうちに食洗機へ(;^ω^)
ありがたいような、ありがたくないような、5歳児のお手伝いです(笑)

f0168317_02005187.jpg

さて、今日は、先日収穫してきたわらびが、やっとやっとの登場です!
炊き込みごはんに入れたり、甘辛く煮たりすることが多いですが、今回はさっぱりみぞれ煮にしてみました。
これもまた美味しい♪

山菜はアクが強いですが、わらびは食べるとそれほどクセはないので、色々な料理に活用できます。
若干の粘りがあるため、包丁で叩いて使うのもおすすめですよ。


たくさんあっても、煮ると意外と少なくなってしまうんですよね。
あっという間になくなりそう(;^ω^)

次回は、炊き込みごはんが食べたくなってきました。
もうわらびないですけど~~~



 ◆わらびのみぞれ和え◆

  (4人分)
  わらび   1330g
  灰   100ml    ※重曹小さじ1でもOK

  A だし汁   200ml
  A しょうゆ   大さじ1と1/2
  A みりん   大さじ1
  A 酒   大さじ1
  ごま油   大さじ1
  大根   3cmくらい


①わらびは灰を振りかけて浸る程度の熱湯を注ぎ、そのまま一晩冷ます。水洗いして新しい水に浸す。
 ※保存する間は、時々水を変えてください。


f0168317_22545274.jpg

②わらびは4cm幅に切り、フライパンにごま油を熱して油が馴染むまで炒める。

③Aを加えて弱火~中火でわらびがくったりするまで15分ほど煮込み、大根おろしを加えて煮絡める。

f0168317_02004804.jpg

大根おろしは、軽く水をきってから加えています。
私はたっぷり加えるのが好きですが、量はお好みでOKです。


f0168317_22564005.jpg

わらびは、もちろん親戚の別荘に遊びに行った際、皆で収穫したものです。
子ども達も頑張って探してくれました♪
チビはどうしても短くちぎってしまうため、ブチブチ短いわらびがちらほら(;^ω^)

灰をいただいて帰ってくるため、アク抜きに利用していますが、ご自宅にはなかなかないと思いますので、重曹で代用できます。


すぐに調理する予定がない場合も、とりあえずアク抜きだけはして、水に浸して保存してください。
毎日水を変えれば、1週間くらいはOKですよ。



 ◆お知らせ◆

「handmadecafeの絶品レシピ」
 (宝島社)発売中です。
 ↓  ↓  ↓  ↓

宝島社

※各ランキングに参加しています。
 ↓↓↓クリック↓↓↓で皆様の1票が投票されます。
 応援よろしくお願い致します。


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2017-05-13 07:00 | その他野菜・きのこ | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単なのに豪華に見えるレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき