今週のお弁当

f0168317_1612669.jpg
熊本で大きな地震が続いていますね。
被災地の皆さんは、まだまだ続く余震に不安な日々が続いていると思います。
東日本の復興もなかなか進まない中ではありますが、1日1日、少しでも前に進めますように・・・

そして、大きな被害が発生するといつも思うことですが、そんな中で日常生活を続けることに申し訳なさを感じます。
それでも、普段通りの生活ができる方は普段通りの生活をし、その中でできることをしていくことが大切なのかな、とも思います。

とにかく、これ以上の被害がでないことを願っています。



それにしても、日本は地震の多い国だという認識はありましたが、なんというか、ここ近年のあまりの地震の多さに、自然災害の恐ろしさと、いつ来るか分からない恐怖を感じています。


いつ大きな地震が来てもおかしくないと言われている地域だけに、毎年比較的大きな防災訓練が行われていますが、実際に来たとき、どこまで訓練のように動けるのか。
家族で話し合ったように、学校に向かおうにも行けなかったら?


今この瞬間に来るかもしれない、でも何十年も来ないかもしれない。
天気予報のように、自然災害はなかなか予測できないだけに、本当に恐ろしいです。



さて。
ヒナも中学に入学し、基本的にはスクールランチがあるので、メニューの中から好きなものを選ぶのですが、どうしても食べたいものがない日だけ、お弁当を持っていきます。
「贅沢を言わず、できるだけ何でも食べる努力をしなさい。」とは言ってありますが、毎月数日はお弁当生活になりそうです。

スクールランチは、プリペイド式のカードを使って子ども達が注文するため、例えばランチを頼み忘れ、お弁当も持って行かないと、その日は何も食べるものがない訳です。
絶対誰か忘れそうですが、どうやらお友達から少しずつもらって食べることになるんだとか(-_-)


私も高校のとき、朝の注文を忘れてランチに食べるものがなく、慌てて購買に走ったことが。
1回ではなく。
おばちゃんと顔見知りになる程度にはありました。
中学は購買もないので、友達頼みになるんですね。
かえっておかずが多くなりそうです。


まずは、ヒナの好きなチーズ入り肉団子がメインのお弁当。
副菜に、なすとピーマンのめんつゆ和え。(全然写ってませんね。)
ちくわのしそチーズ焼きと、ウインナーの卵巻き。
ブロッコリーもスナップえんどうも、ヒナの大好物です。
お弁当って、確かに好きなものを入れてもらえるから嬉しいですよね。
f0168317_16574995.jpg
こちらは、豚肉の野菜巻きがメインのお弁当です。
肉嫌いのヒナも喜んで食べてくれる肉レシピ。
冷めても食べやすいように、普段よりちょっとだけ濃い目の味付けにしています。

副菜は、ヒナの大好きなひじきの煮物。
これは、1人でどんぶりいっぱい食べるほど好きなので、きっと毎日入れてもOKだと思います。
たくさん作って、小分け冷凍してあるお弁当おかずの1つです。

ふわふわのだし巻き卵(お弁当なのでだし控えめ)を入れて、できた隙間はブロッコリーとウインナー。
プチトマトは、「嫌いだから入れないで!」と言われていますが、ついつい彩りに入れてしまいます。
プチトマトが入ると、何だかかわいい気がしませんか?


それにしても、中学のお弁当を作り始めて思うことが1つ。
キャラ弁を卒業したので、とにかく楽です!
すごく早く作れます!

今までずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、ヒナのリクエストで作り続けたキャラ弁ですが、中学ではさすがに少し恥ずかしくなったようです。
「皆、普通のお弁当だから・・・」

それでも、お弁当を覗きに来るお友達もいるようで、「あれ?キャラ弁じゃない!」と(笑)
まだまだ作ってほしい気持ちもあるようなので、時々リクエストが入るかも!?

とにかくヒナのお願い攻撃から始まったキャラ弁なので、これからは普通のお弁当ばかりになるのかも。
あ、でも、コウもお願いはありそうですから、まだ完全卒業はできなさそうかな。



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
  宝島社より発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-04-16 17:04 | お弁当 | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単なのに豪華に見えるレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき