基本の煮汁で!メバルの煮つけ

f0168317_20172261.jpg
ややお久しぶりの更新となりました。
相変わらずのマイペース更新です(-_-;)


そうこうしている間に、明日はヒナの卒業式!
祝!卒業!!!
子どもの成長は早いもので、もう中学生です。


「泣く練習をしてから来るように!」と、ヒナに言われました。
泣く練習って、どうするんでしょう。
とにかく、お母さんが泣いたところを見てみたいらしいです(:_;)
「あくびをすれば涙出るから!」とも言われました。
え?
嘘の涙でもいいのね・・・



さて、今日は子供たちの大好きな煮つけです。

年齢とともに、好きだった肉料理が重たく感じることもあり、魚好きな子供たちの成長もあって、我が家の食卓も少しずつ変化してきました。
結婚後、旦那さんがNGという理由で封印されていたお料理も、子供たちが生まれたことで復活したり。

煮つけもその中の1つです。
旦那さんが仕事でいない日に、義母とこっそり食べていた煮つけも、今では当たり前のように食卓に並びます。
ただし、旦那さんは食べられないので、1人だけ別メニューという面倒くささが(-_-;)
もちろん、何だかんだで肉料理もよく登場しますけどね。



さてさて。
今日の煮つけはメバルですが、カサゴ・金目鯛・カレイ・ホウボウなど煮つけ向きのお魚なら何でもOKです。
心配なら、魚屋さんに相談したり、最近は「煮つけに」「塩焼き・ムニエルに」など書いてあるものも多いので参考にしてくださいね。


煮汁は基本同じですが、脂ののった魚は煮汁をやや煮詰めて濃厚に仕上げると、更においしくいただけますよ。
甘いのがお好きなら砂糖を増やしたり、お好みで調整してください。

煮つけはひっくり返すと煮崩れするので、途中でひっくり返すことはありません。
鍋のサイズが小さくても、尻尾が折れたり頭が取れたりの原因になるので、ゆとりのあるサイズで。
私は、重ねず並べられる28cmサイズの深フライパンで煮ています。


 ◆魚の煮つけ◆

  (3人分)
  メバル   3尾
  【煮汁】
  水   100cc
  酒   100cc
  しょうゆ   大さじ3
  みりん   大さじ3
  砂糖   大さじ2
  しょうが   1片

①メバルはウロコとえらを取り、腹に切り込みを入れてはらわたをかき出す。表と裏に切りこみを入れ(飾り包丁)、熱湯をまわしかけて水できれいに洗う。

②煮汁を煮立てて左が頭になるようにメバルを入れ、落としぶたをして強めの中火で10分ほど煮る。
 ※アルミ箔を鍋のサイズにカットして使ってもOK

③器の左に頭がくるように盛りつけ、煮汁をかけてできあがり。
 ※煮汁は少し煮詰めてからかけても・・・

f0168317_22465753.jpg

愛知県HPでは、「メバルの煮つけ」の他にも、愛知県産魚介類を使った100レシピを公開中です。
     ↓  ↓  ↓  ↓
あいちのおさかなコンシェルジュ



●「handmadecafeの絶品レシピ」●
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2016-03-17 22:39 | 魚介類 | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開始。現在はレシピ開発、連載、TV出演、イベント講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単レシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき