漬けて干すだけ!みりん干し

f0168317_2244776.jpg
1日仕事が何日も続くと、コウと過ごす時間があまりないこともあり、甘え方がすごいです。
べったりくっつくし、抱っこ抱っこと足にまとわりついて大変(*´Д`)

おばあちゃんの送り迎えは嬉しいし、保育園のお残りさんも楽しいけど、ちょっと寂しくて、コウなりに我慢している部分もあるんですよね。
ヒナも、帰るとくっついてくることはありますが、身体がデカいので、なんだか圧迫感が。
潰れそう・・・(笑)


さて、今日はみりん干しをご紹介します。
ヒナはみりん干しが大好きなので、我が家ではよく登場するレシピなんですよ♪

ご贔屓の干物屋さんで購入することも多いですが、意外や意外、簡単に作れちゃいます!
魚をたくさんいただいた時など、保存用にいかがですか?

今回も、旦那さんのお友達の釣り土産・・・
新鮮なお魚をいただけるのは、とってもありがたいですよね~

ただし、天然モノって、市販品より脂が少なく、若干身がパサつくことも・・・
私の経験上、塩焼きなどには向かないかも?
竜田揚げにしたり、こうしてみりん干しにすると、よりおいしくいただけます(^_-)-☆

市販品に比べて乾燥が甘いので、冷蔵庫で3日くらいを目安に、早めにお召し上がりくださいませ。
漬け込む時間は、身の厚みなどによりますが、厚みがあると一晩では味のしみ込みがいまいちです。
色は濃い目ですが、市販のみりん干しよりあっさりしているので、是非お試しくださいませ。


 ◆みりん干し◆

  (4人分)
  イナダ(ハマチ)   2尾
  A みりん   大さじ2
  A しょうゆ   大さじ2
  A ハチミツ   大さじ1
  白ごま   大さじ1

①鱗を取って頭を切り落とし、内臓をかき出す。きれいに洗って水気をキッチンペーパーでふき取り、3枚におろして腹骨をそぎ、中骨を抜く。

②バットにAを入れてよく混ぜ、①を一晩~丸1日漬ける。
 ※途中、裏表をひっくり返す。
f0168317_0263166.jpg
③キッチンペーパーで水気をよくふき取り、身に白ごまをたっぷりふる。
f0168317_0262497.jpg
④ザルにのせて風通しのいい日陰に干す。
 ※干し網がない場合、洗濯用の目の細かいネットでOKです。
f0168317_0325555.jpg
⑤フライパンかグリルで、焦がさないように焼く。




  ◆お知らせ◆

「handmadecafeの絶品レシピ」
 (宝島社)発売中!
     ↓  ↓  ↓  ↓
宝島社

※各ランキングに参加しています。
 クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2015-10-19 00:44 | 魚介類 | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単なのに豪華に見えるレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき