旨みたっぷり!XO醤チャーハン

f0168317_1792214.jpg
今日もポカポカ暖かい1日でした。
こんなにお天気がいいというのに、1日中キッチンに向かって試作試作試作!
撮影もあったので、ヒナとコウはおばあちゃんの部屋で待機です(^_^;
遊びに連れていけなくてごめんね~~~

一発OKで思ったように進んでいく時もあれば、なかなか納得のいく仕上がりにならない時もある・・・と昨日お話しましたが、今回は意外と難産(-_-|||)
味はおいしいんですけど、微妙な部分で難航してます。
ホント、さっき作ったのと何が違うの?という部分もあったりなかったり(笑)
また明日、試作と撮影で1日が終わりそうです(>_<)


さて、今日は家族も大好きなチャーハンをご紹介します。
我が家のチャーハンって、こうしてブログを見ているだけでも結構色んな種類があるかも。
気分によって変えているので「これが一番!」ってことはないんですけど、今回一番スタンダードな作り方のレシピに、高級調味料XO醤を加えてみました。
旨み調味料として加えることで、普段の料理がぐっとおいしくなる魔法の調味料です♪


XO醤(エックスオージャン)って何?という方もいらっしゃるかも。
最高級ブランデーを意味するXO(エクストラオールド)が語源ですが、あくまでも高級感をイメージしてつけられたものなので、あまり名前に意味はないかも(^_^;
「XOって、何か高級そうじゃん?」的な(笑)

中国語で醤(ジャン)はペースト状の調味料のことで、たくさんの醤の中でもXO醤は「最高の調味料」と言われています。
だから、お値段も結構高い!

乾物が主原料として使われていて、干しエビ・干し貝柱・唐辛子・にんにく・生姜などが一般的です。
調味料だけど、そのまま酒の肴として食べる方も多いです。
メーカーなどで材料も違えば味わいや辛みも違います。

今回は、シンガポール在住のお友達からいただいたものを使用しました。
日本で売られているものより旨みがあっておいしいけど、ちょっとピリ辛(>_<)

カレー粉などもそうですが、辛味はメーカーによってさまざまなので、レシピ通り作ったのに激辛だったり、全く辛味がなかったり・・・
最初に使うときは確認しながら、が鉄則ですね!

今回は、子供も食べるので風味付け程度に。
大人だけでいただくなら、倍量くらい入れちゃってもおいしいと思います。

いつもお話ししていることですが、卵を入れたらぶわっと煮え立つくらい(強めの中火くらい?)の火加減を保つことで、パラパラおいしいチャーハンになりますよ。


 ◆XO醤チャーハン◆

  (4人分)
  ご飯   茶碗4杯分
  チャーシュー   100g
  ねぎ   1本(60g)
  卵   4個
  サラダ油   大さじ4
  XO醤   大さじ1
  しょうゆ   小さじ2
  オイスターソース   小さじ2
  鶏がらスープの素   小さじ1
  塩・こしょう   適量

①チャーシュー・ねぎはみじん切りにする。

②フライパンにサラダ油を熱し、とき卵を加えて強めの中火で一気に加熱する。
f0168317_1750383.jpg
③半熟状でご飯を加えてよく混ぜ合わせ、パラパラになったところでチャーシュー・ねぎを加えて混ぜる。
 ※グルグル混ぜるとご飯に粘りがでるので、サクサク切るように!

④XO醤・しょうゆ・オイスターソース・鶏がらスープの素を加えてよく混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調える。


※各ランキングに参加しています。
 1日1クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします。


  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2013-04-29 17:52 | チャーハン・ちまき | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単なのに豪華に見えるレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき