ピクニックランチボックスのお弁当

f0168317_1445163.jpg
暖かくなったとはいえ、まだまだ風が強いと肌寒いですね。
今日はまた一段と風が強く、スーパーの駐車場で何度も飛ばされそうになりました(^_^;
ビル風っていうんでしょうか?
たまに突風みたいな風がくるんですよね~

その度に、コウはキャッキャと大喜び(笑)
そんなことが楽しいお年頃なんですね。


さて、今日はピクニックランチボックスのお弁当を紹介します。
風もなくお天気のいい日中は、そろそろピクニック日和ですよね。
花粉や黄砂などの飛散情報には気をつけたいところですが、公園などに出かけるにもいい季節です。

最近は、ちょっとした行楽にお弁当を持っていく方も増えましたよね。
意外と言われますが・・・
我が家は家族で出かける時には、現地で何か食べるのも楽しみの1つとして、実はお弁当を持っていくことは少ないんです。
全員よく食べるので、お弁当の量も半端なくて準備も大変ですもの(-_-)ゞ

ただ、私だけで子供を公園に連れて行く時には、簡単なお弁当を持って行きます。
あ、もちろん近所の公園には持っていきませんが(笑)
おにぎり3個と簡単なおかずだったり、内容は本当に適当なんですけどね。


今回は、ラップおにぎりを3つ。
ゆかりごはんに海苔を細長く切って放射線状に巻きつけ、見た目だけはちょっぴり可愛く♡
ラップで巻いてあるので、手が汚れていても食べやすいです。

おかずはお弁当の定番中の定番!から揚げ。
隙間にはミックスベジタブルのバターソテー、ゆで卵、ブロッコリー、プチトマト、いちごを詰めて、どれも入れるだけじゃん!的なものばかりです(^_^;

ピクニックはお弁当作りで疲れてしまっては本末転倒!
公園では、子供たちを追いかけてヘトヘトになってしまいますからね。
あくまでも雰囲気を楽しむということで、簡単なものをチョイスするのが我が家流です('-^*)/
詰める時にワックスペーパーを使ったり、ちょっと工夫するだけでゴージャスなお弁当に変身です!
f0168317_14451888.jpg
今回使ったお弁当箱は、cottaさんのモニター商品としてお送りいただいた「2段ピクニックランチボックス」です。
ママと子供が食べるには、ちょうどいいサイズかな?

魔女の宅急便のジジをデザインした、なんともキュートなお弁当箱♪
可愛いけれど、あまりにもキャラクター色が強いものではないので、私も気に入っています。
ちょっと大きいけど、ヒナのお弁当箱としても使えそうです。
いや、あの人最近よく食べるし、これくらいのサイズでアリかも(-_-|||)
f0168317_14495923.jpg
バラバラにするとこんな感じ。
下段はごくごく普通の密閉フタ付きのシンプルなお弁当箱(というか、密閉容器っぽい!?)で、上段がサンドイッチを入れるようなタイプになっています。
上段には今回ラップおにぎりとちょっとしたフルーツなどを入れましたが、密閉ではないので入れるものは多少限られるかな?
上段と下段をベルトで固定すると、バッグのように持ち運びができるようになっています。
f0168317_14514549.jpg
もう1つのモニター商品が、こちらのケース付スタッキングコップ4Pセット。
これもね~、可愛いんですよ(@^_^@)

ピクニックでは本体にジュースなどを入れて(この時コップは別で持っていかないといけないのがネックかな?)持っていき、帰りはコップを収納してコンパクトになるということでしょうか。
密閉性はどれくらいのものかは分かりませんが、一応ピタッとフタはできるので、きちんと立てて持っていく分には問題はなさそうです。

自宅使いをしても、小さな子供は喜ぶと思います。
プラスチックのコップは我が家も重宝していますが、背が低くて安定しているのでチビにはいいかも。

どちらの商品も、これから春休みに活躍してくれそうです。
早く公園に行きたくなってきました~
単純(笑)


★ラッピング資材と製菓材料のcottaさんのプレミアムメンバーになりました。
      ↓  ↓  ↓  ↓

ラッピング資材と製菓材料のお店cotta



※各ランキングに参加しています。
 1日1クリックで皆様の1票が投票されますので、ご協力お願いします。


    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by handmadecafe0929 | 2013-03-14 16:17 | お弁当 | Comments(0)

名古屋市在住の料理研究家。元料理学校講師。退職後、handmadecafeとしてブログを開設。現在はレシピ開発、TV出演、講演会講師など幅広く活躍中。キャラ弁や簡単なのに豪華に見えるレシピなどが人気。著書に「handmadecafeの絶品レシピ」(宝島社)他


by 高羽ゆき